スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消しゴムと接していると溶ける

  • 2014/07/02(水) 02:33:58

今日はお友達から電話をもらいまして
ソフビにカシュー塗装の色が移る、というお話でした。



そこで、自分の記憶、経験の総動員をしまして、消しゴムにくっついた輪ゴムが溶けるとか
缶ペンケースの中で消しゴムと定規の塗装が密着してたら塗装が溶けてハゲたとか

そんなことを思い出しました。
伊達に40年も生きてなかったわけです。

そうそう、借りた豪華な装丁の本の表紙が一部溶けてしまって
不思議に思いながら、友達に謝って返却したことも。
あれも消しゴムがくっついてしまったせいかなぁ。



「ソフビ、色移り」と検索しましたら、ソフビの人形に色移りするのはよくあることで
理由は『ソフビの製造に欠かせない 可塑剤が常にソフビから揮発されており、そのため色移りしたりソフビの表面がベタついてくることがある


ということでした。大雑把な要約ですけれども。

この可塑剤によってソフビは柔らかさを保ち、それは消しゴムにも配合されているそうです。

なるほどねー、だから接した物(塗装)が溶けることがあるんですね。



長年の謎が解けました。(とけてばっかり)


ソフビは密閉しておくと可塑剤が容器に充満し、ベタつき、色移りが加速するそうですよ。
大事にしすぎては駄目なんですね!

湿気もよくないようです。
湿気から守るには密閉するのが効果的なのに、どうすればいいんでしょうね?



そうそう、先日撥水生地がお安かったので、買ってみたんです。
袋物の内布にピッタリと思えたので追加でも買ったのですが、これがとんでもない物でした。

《PUコーティング》と検索してみてください。

この加工の寿命は、製造から2~3年
空気中の湿気により自然に劣化していく、加水分解を起こすのだそうで。

撥水性が良いのですが、日本のように湿度の高い国には不向きな加工ですね。

撥水性が良いのに、水分によって目に見えない劣化が進むなんて、どうなっちゃてるんでしょ!


なんだかモヤモヤする、二つの素材です。



タイの土産

  • 2014/06/01(日) 00:19:16

(画像はちょっーとグロいかもしれません)



珍しく、昼頃にスーパーへ買い物に行ったんです。

いつもは夕方に行くので、日の高いうちの鮮魚コーナーには目移りします。お魚キラキラ。

特に今日は、鯛が!真鯛に金目鯛に
さくら鯛、
おおぅ、豪華です!


誘惑に負けて真鯛を一尾買いました。
40cm くらいかな?

さばき方を動画で見て、まだ使うのが三回目くらいの大きめ出刃包丁を取り出し、イザ。


まあ、それなりにさばいたのですが、タイの口に、何か、ある、、、!







取り出したのはコレ






えーっと、これ、、、


グソクムシ?この前深海水族館にいた、あれじゃないですか?


ひゃー!これ、タイのお土産?
鯛にお土産貰った~♪




でも、いらないよ。
3.5cm くらいの大きさで、キモイです!!
でっかいダンゴムシみたい。
白いので幾分ましですが。



というわけで処分しちゃいました。(´▽`) 鯛ちゃんゴメンね(と、一応いってみる)

真鯛は美味しくいただきました。

下田 黒船祭

  • 2014/05/19(月) 01:10:36

伊豆に住んで15年目ですが、初めて行ってきました!
下田市の黒船祭、日米友好のお祭りです。
<下田観光ガイド・黒船祭>

黒船といえば言わずと知れたペリー提督率いる米国海軍。
------ 嘉永7年(1854年 今を遡ること約152年前) ------------

はるか昔、のような、あれまだ152年しか経っていないのか、と思えるような
幕末の黒船来航記念行事です。


三日間で様々な催しがありますが、二日目の記念公式パレードを見てきました。
ごく普通の商店街を抜けていくパレード。

大使のケネディさんは欠席で、代理の方がニコニコ参加されていました。

handmade 016-1


handmade 018-1


米軍、自衛隊、外務省、県知事、下田市長、姉妹都市のニューポート市長、
米軍の艦長、副館長、県警ブラスバンド、海上保安庁、税関、ガールスカウト、ボーイスカウト
市民ブラスバンド、中学校のブラスバンド、時代衣装の有志、一輪車クラブ

などなど、思ったよりも大勢の参加者でした。
主なゲストはオープンカーなどに乗り込み、ご夫妻あるいはご家族での参加で
飴を配ってくれたり、ステーッカーを配ってくれたりとノリノリでした。

意外だったのは税関の職員さんの参加でしょうか。
なぜ?と思ったのは私だけではなかったようでした。
鎖国、開国との関係で国の窓口となる税関も参加なのでしょうか。

handmade 019-1

パレードに参加されないセーラー服の方々も街中を散策されていて、大道芸を楽しんでいました。


handmade 021-1

県知事さんとニューポート市長さん。ニューポートはペリー提督の出身地です。


handmade 023-1

県警ブラスバンドかな?ほかの県内イベントでも頑張ってくれています。


handmade 026-1


米軍からの参加者は若い方ばかりだったように思いました。
みんなスリムですし、人種もいろいろでした。

handmade 028-1


曲がり角に陣取ったので、撮影しやすかったんです。
ピシッとプレスされた制服姿、セーラーの襟には四つ折りの筋が入ってました。日米ともです。
自分でも変なところを見ていると思います^^;

handmade 031-1


ブラスバンドは写っていませんが、懐かしの軍艦マーチを演奏していました。
近頃はTVドラマでも使いませんよね。
私にはパチンコ屋のBGMというイメージだったのですが、
今回は本来の勇壮なマーチというイメージに上書きされました。
もっと負のイメージもあるでしょうが、覚えやすくて軽快な曲調で
青空に似合う曲です。



handmade 036-1


時代衣装の方々。ちょっとペラい衣装でしたが、楽しそうでした。


この場所はスタート位置近くでしたので、場所を変えてもう一回、全部見ることができました。
なので、沢山見られてよかったです。

お祭りというかフェスティバル、という方が似合うイベントでした。
毎年行こうとは思いませんが、また行きたいです。

コバ、て?

  • 2014/05/17(土) 22:11:11

レザークラフトについて調べていたら、『コバ』という用語がありました。

日本皮革産業連合会の用語辞典によりますと

英語ではedge 、靴の底の周囲の縁のことで、革の切り口をコバまたはヘリという(皮革辞典は コチラ)

というようなことらしいです。


ハンドメイド用の付属品として売られている革ハンドルなどは裏(床)やコバ(切り口)の処理をしてないものもあって、以前からどうしたらボロボロしてこなくなるのか
気になっていたのです。

調べてみると、処理方法自体は難しくないようで、やってみる価値大アリだとわかりました。




ところで、この『コバ』。
静岡県民なら、聞き慣れている人も少なくありません。
方言として、「端」という意味で普段から使っているからです。

コバ、こばっちょ、などと言います。

あんまりコバを歩くと落ちるよ、だとか、こばっちょまでちゃんと掃除しなさい、なんていう使い方をします。

静岡県東部ではよく使いますが、中部ではそうでもないと感じます。
西部はよく知りません。





コバ、一般的には小林さんのニックネームなんかですよね?
コバの語源は何だろう。

調べてみると、靴の縁については語源未詳、となっています。

他に、

レンズでもコバ面と呼ぶ箇所があり、
福島では手足の甲をコバと呼ぶらしく、剣術の技に『コバ返し』があり
木端をコバと呼ぶようです。


こうして並べてみると、全般に端というような意味と考えていいように思えます。

そういえば、端ミシンをコバステッチと呼ぶということも思い出して検索してみましたが
仕上げの飾りと補強と生地の落ち着きのためのステッチというような意味でした。


静岡の方言コバの意味は端、となっていましたが、体感として縁、という意味も含まれているように思うので、コバステッチは縁の仕上げ&飾りのステッチということでいいのかな~。

それからスキー関連でも使うようですが、
スキーをしない私にはよくわかりませんでした。



『コバ』の語源はわかりませんでしたが、専門用語としてコバはよく使われていることがわかりました。


伊東に伊東降臨

  • 2014/04/28(月) 19:41:40

昨日は唐突に、競輪場へ連れて行かれました。

伊東にエスパー 伊東初光臨!!だそうで。
熱いけど半笑いみたいなマネージャーさんの司会で、いつものユルい芸を披露してくれました。

なかなか人気ありました。やっぱり知名度は大事なんですねー。
TV でも一発屋芸人さんが、地方営業では稼げる、と言ってましたが
こういうことなんだな~。


それから、スピスケの岡崎朋美さんのトークショーがありました。



綺麗ですね!濃紺?のパンツスーツにペンダントという、地味な装いながらも
真ん中にいるべき華のある女性でした。
スピスケと競輪業界は繋がりがあるんですね、今でも。(橋本さんが両立して以来ですかね?)

スケーターは陸トレで自転車もやるそうで、岡崎さんも以前、80km/h 出せそうだったけど、そこまで飛ばすと危険だから止められた、そうです。

凄いですね、鍛えているメダリストの身体能力。
それなのに、思ったよりスラッとした感じで。


エスパーの登場しか知らずにでかけたので、ちょっと得した気分でした。
明日は清水宏保さんがゲスト。


買ってみた500円分の予想は外れました。
あーあー、ギャンブルは向いていません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。