約束を果たすとき

  • 2014/05/12(月) 00:38:49

二年前、幼馴染が結婚しました。

大人になってからは、とても仲の良い友人、という感じではないものの
細く長いお付き合いをしていました。
彼女はある時から、陰口というものを一切口にしていません。
少なくとも、私の前では。
高校生の頃から、密かに彼女を尊敬しています。


そんな彼女が三十路最終年での結婚です。
知らせを聞いたとき、嬉しかったー。



自分が結婚した時、当時流行りのウェディング・ベアを作りました。
紋付羽織袴、白無垢のペアです。
【しあわせくまさん】というキットでしたが、レシピを無視してリアルな感じにしまして
思えば、これが私の最初のミニチュア着物作りでした。

彼女が「これをくれない?」と言ったので、「その時がきたら、新しく作ってあげるね。」と。
時が流れ、10年ほど過ぎた頃、ああ、あの時あげれば良かったな、もう彼女は結婚しないのかも。
そんな風に考えていたので、結婚の知らせを聞いた時は、約束を果たせることが嬉しかったです。






今日、別のお友達のブログを読んでいて思い出しました、まだここにこの画像をアップしていないということを・・!



001-1.jpg



凝りました、これ。

羽織の紋は呉服店で扱っている、ちゃんとした貼り紋。
わざわざ新郎さんの実家まで連絡してもらって家紋を確かめました。


白無垢は着せ替えできます。

手を揃えられるように、カギホックを縫い付けてありまして、
綿帽子の内側には形状保持用の枕も仕込んでありますw
それをしないと目深な被りになってしまうし、耳の形に沿って
てっぺんが凹むからです。

自分のベアはキットに入っていたポリエステル製の生地で作りましたが
この新婦ベアは帯以外はオール正絹を着ています。



025-1.jpg




お色直しの色打掛。メールと電話で詳細を聞き出しました。
試着の写真を見せてもらったら簡単でしたが、そういうのはルール違反かと思いまして
色と刺繍がある、という話を頼りに作りました。

かなり似たイメージに仕上がったので、とても気に入ってくれました。


あとは、袴の紐をリアルに締めたりとか。
そんなの、着物に興味がなければどうでもいいのでしょうけれど
彼女のお母さんは、腕のいい着付け師さんですから、手を抜けないっ!と思いました。


新郎さんのお顔はを知らずに作ったベアは、何故かちゃんと似ていました。
私たまーに、すごく勘がいいんです。




当日の彼女、それはそれは綺麗で心置きなく祝福しました

関連記事

この記事に対するコメント

なんて素敵な贈り物!
感動しました。
10年前の約束を覚えていらっしゃったのも素敵。
いただいたお友達も嬉しかったでしょうね。

  • 投稿者: chihaco
  • 2014/06/08(日) 01:37:30
  • [編集]

Re: タイトルなし

chihacoさん:

とても喜んでもらえました!

別の物の話ですが、私は同級生達に作って、と頼まれてハイハイと安請け合いしたまま
忘れてしまったことがありまして、数年後に指摘されるまで気付きもせずにいました。
渡した相手と、渡さなかった相手がいて、それをすごく後悔したことがあるのです。

この約束が果たせて本当によかったです~。


  • 投稿者: とじはぎ むう
  • 2014/06/09(月) 22:14:36
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する