桜と松の切り替えポーチ

  • 2014/05/04(日) 22:05:01

18センチ口金のポーチ完成しました。



竹と波の部分は使わなかったので、また別の物に仕立てます。



角型の口金は初めてでしたが、くし型よりもバシと袋を差し込む位置が決まる反面

綺麗にフラットに差し込めないとダメですね。





よく似たデザインですが、
一方は市松のような切り替えにしてあります。
接着芯はちりめん用のニット芯。
柔らかい仕上がりです。




内布はQuilt Gate の百花繚乱、10年ほど前のコットン生地です。
接着芯は、しっかりタイプを貼りました。

表地は柔らかい風合いのまま、ほどよく形をキープできて
上手くいったー!と思います。

ドミット芯を入れなかったのは、このサイズだとバッグインバッグに向いてるかな、ということで。

綿を邪魔に感じるのです、私。
荷物が多すぎるんでしょうね(^-^;)


型紙、口金ともに万莉さんのショップで購入しました。
がま口型紙販売と口金のお店【手作り屋・万莉】

関連記事

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する