スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンドルネームをかえてみようか・・・?

  • 2014/04/15(火) 12:08:08

このブログを始めるにあたり考えたハンドルネーム、かえようかな、と思ったんです。
唐突に。

どうにもモチベーションが上がらないんですわ。


で、まあ、このHN に込められたネガティブ思考がイカンのでは?
などという更なるネガ思考に走ってしまいました。

ネガティブ思考というのは、HN に綴じ接ぎ、面倒くさいよ~!むう~(`ε´)
というストレートな不満というか、愚痴のような意味を込めているということです。
元々、編み物主体のブログのつもりでしたので、苦手なことを表したのです。


結論、HN変えるのは止めます


それは、むうの意味付けを新しくすてしまうことでポジティブ思考へと方向転換できたからです。

今までの不満漏らしとはオサラバ、、、いや裏設定にまわしておいて。

新しくこじつけたのは、
「MuuMuu のハワイ語 の意味は短く切ること」。

つまり、傷汚れのある生地でも、切って、接いで、綴じ、古布を生かす!という、自分のやっていること、やりたいことと名前が一致できちゃったんです。



ハワイの女性が着ている、ふんわりドレス、ムームー。
あれは白人がハワイ島に持ち込んだドレスを気候に合わせて袖や丈を短くしたことにより、ムームーしたドレス→ムームー と呼ばれているらしいです。
(Wikipediaを読んできた上での私的な解釈です。)


私、長らく着物を切ってしまうことに抵抗がありました。
なんだか勿体なくて。
そして、その着物の持ち主さんや、反物に携わった人々の苦労を否定してしまうようで。

毎日着物を着ている生活を目指したこともありますが、それもなかなか難しく、挫折。

実は、真新しい生地を小さく切って使うパッチワークも嫌っていたことがあります。あれは端切れでやりもんでしょ!!、て。

でも、勿体ないと仕舞い込んでいるのが、一番勿体ないことだと思うようになりました。

それから、ミニチュア着物の講師を頼まれたり、昔からやりたかった縮緬細工に手を出したり。

一応本業である和裁は、現在は洗い張りの仕立て直し、袂丈や裄丈直しを主にしています。

綴じて、接いで、切っているんです。日々とじはぎむう、しているんです。

というわけで、意味だけ新しくなった〈とじはぎ むう〉を引き続き、宜しくお願いいたします。

関連記事

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。