スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

持ち寄り雛

  • 2012/02/28(火) 21:05:01

えー、ゲホゴホ(◎-◎;)
ただ今インフル発症中です。
熱がひいてきたら寝てるだけなのも暇に。

発熱前に出掛けた伊豆 修善寺の催事をご紹介します。
(インフルだと気付いてたら出掛けなかったのですが。)


【女将のもちより雛】というタイトルで
旅館から持ち寄りの色々なお雛様を見てきました。
期待よりは少ない展示だったのですが
明治の物とか、特大サイズ、吊るし雛を見ることができました。





着物は丈が140cmくらいかな?
大きなお雛様。
静岡は雛人形の生産地のためか、
大きなお雛様を見かけるのは三度めでした。

これはその中では最も時代のないものでしたが
大きい!!というのは、それだけで圧倒的。





吊るし雛は、天上近くから吊るされた伝統的な物と
小さなモダンデザインの物がありまして
私にはこちらが気に入りました。

ちりめん細工、ちょっと枯れた趣味だな~
50才過ぎてからやればいいかな?と思ってたのですが
現状の着物人口の少なさと、今ある古着の傷みの進行
なども考えてみると、もう今から始めないと
遅いんじゃない!?と思うように。

毛糸の在庫山が気になるので、編み物との同時進行を目指します。




私にとって、雛人形というのは日常的なものでした。
自分の雛人形は年に一度、出すか出さないかという程度でしたが
雛人形店が近所に三件くらいありまして。
いつでも眺めることができました。

裁縫学校の登校途中にも、また別の大きな人形店がありまして
こちらは販売シーズンになるとシャッターが開いて
展示場になる、倉庫兼用スペースたったかもしれませんが
その期間は、とにかく見ることだけは沢山できました。


だからなのか、、雛人形を見ても、そこまでトキメカナイんです。

だから、義母が傷んだ御殿雛を引き取ってきた時はびっくりしましたし、
今日まで物好きだな~と思ってました。

でも、義母は狩野川台風という、50年程前の台風による洪水で色々な物を失い、
雛人形も失ったのだそうです。

還暦を迎えてから引き取ってきたお雛様。
義母には何か、特別な想いがあるのかも。



伊豆も今年は寒さが厳しいです。
例年であれば梅もそろそろ散り、河津桜も満開を過ぎるのですが。

今夜も冷えます。みなさま暖かくしてお休みくださいませ。

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。