スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニチュア着物 9 市松人形編の1

  • 2011/10/23(日) 23:36:38

市松人形の着物を総取り替えする、という依頼を承けました。

材料も提供されていますので、なんとかなる、と思ったのですが。
オリジナル着物は既に無く、現在着ているのは小紋。
着替えは絵羽もの、付け下げ訪問着です。

高かったけど資料を取り寄せました。
やっぱり、襦袢、下着、上着と三枚着せるようです。

市松人形について、ほんの少し知り得た情報によると、
贅沢な人形であること、頭部は一体ごと手作りの一点ものであること。


思ったより、大事に扱うべき存在のようです。
二枚着せればいいと考えていたのですが、そうもいかないですね。


足袋も必要だろうし、うああー!
やること多すぎて、頭ぐるぐるです。




そこから数日おいて、解いたりアイロンかけたり。
柄の取り方を決めて、裁断すること二時間。
最後に、物凄い考え違いにきづいて、間一髪。
危なかった、台無しにするところでした。

切って接いでの箇所が沢山~。
裾まわしは表地をひと続きに使うことにしました。

人間の着る物の方が、余程簡単です!!!

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

No title

すごいです!!
むうさんのブログを見て、ミニ着物という世界に初めて触れたのですが、
私なんぞはただため息つきながら眺めるばかりです・・・すごい。

市松人形は、小さい頃は怖くて苦手だったんですが、
須藤真澄さんの『振袖いちま』という漫画を読んでから、大好きになりました。
曾祖母の形見の市松人形がひょんなことから人間になって現代で大暴れ、
と説明するといつも人には「ホラー?」と言われるんですが、とても楽しい物語です。
作中では、主人公がいちまさんのために着物や洋服を縫ってあげていて、
手芸好きとしては読んでるだけで楽しいです。
もし機会があれば、お仕事がひと段落した折にでも手にとって見てください!
むうさんなら、泣きながら小さい着物を縫っている主人公の気持ちに共感できると思います(笑)

  • 投稿者: ハン蔵ハンゾー
  • 2011/10/24(月) 11:04:44
  • [編集]

それは、ホラー!?

ハンゾーさん:

> 泣きながら小さい着物を縫っている主人公の気持ちに共感できると思います(笑)
ひー。わかりすぎるっ。それはホラーー! !
これは冗談だけど冗談じゃないです。
修行中はマジで泣きながら縫いました。

『振袖いちま』ご紹介ありがとう。
すごく面白そうで、読んでみたいです。私、漫画も大好きです。
山岸凉子『わたしの人形はよい人形』を読んで、怖かったけど
人形に託す想いというのも感じました。
この漫画は亡くなった隣家の女の子の供養にと贈られた市松人形が
供養に使われなかった為に、時代を経て数人が殺される怖い話です。
というか山岸さんの描く怨念とかはどれも怖すぎます。

  • 投稿者: とじはぎ むう
  • 2011/10/24(月) 19:25:44
  • [編集]

No title

山岸さんの漫画、私も好きです!(と言っても数作しか読んでませんが)
山岸さんの描く市松人形・・・想像するだけで恐ろしいです・・・(大汗)

>修行中はマジで泣きながら縫いました。
うわあ・・・和裁の出来ない私には想像できないような壮絶な世界なんでしょうね・・・。
それを乗り切って今こんな素敵な着物を製作してるんですね、本当すごいです。

『わたしの人形はよい人形』、ぜひ読んでみますね!!

  • 投稿者: ハン蔵ハンゾー
  • 2011/10/24(月) 21:31:04
  • [編集]

Re: No title

ハンゾーさん:

あともう一つ、かなり古い作品で人形関連のがあったのですが
記憶が彼方に行っちゃいました。
人形に災厄全部身代わりになってもらって不死身のようになっている?だったか人形が人間のようになった、だっか…。
美内さんの作品だと思うのですが、半端な紹介でごめんなさい。


私のいた和裁所は、全然壮絶なんかじゃなかったです~。
課題がこなせなくて辛かっただけで…!
でも皇室献上品を扱うような和裁所は見えない火花が飛び散るような壮絶さがあるそうです。
私は致命的に手が小さく指も短いので、そんな所に迷い込まなくてよかったです。
半端者でしかないのは残念ですが。

  • 投稿者: とじはぎ むう
  • 2011/10/24(月) 23:33:24
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。