スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンポン♪なbag

  • 2014/10/29(水) 09:49:13

今朝は冷え込んできてます。
今年は秋が早いな、と思っていましたが、冬も早そうです。

アルパカコルカのベレー帽とマフラーは2組、編み上がりましたが仕上げはほったらかしています。


毛糸の整理をしていたら
出てきたポンポングランデ。

以前2つ編んだところで少々飽きてしまい、やっとこさ日の目を見たわけです。





中のがま口は友達からのプレゼント。
大事にしすぎて忘れてしまっていたのですが、春からのがまぐちLove によって発掘されまして活用しはじめました。

このbagはちょっと出し入れに引っかかりがあるので
がまぐちのbag in bag は特に重宝します。



編み図
『パピー発 手編みの本。 vol . 8』より
ポンポングランデ3玉
合太毛糸 30g 75m 3玉 ギリギリ



以前と同じく、底はミチッと固く二本どりで編みまして、変更なし。
ポンポンの部分から6目増しでぐるぐる。
今回は自分用なので編みきり、段の途中で糸が終わりましたが丸底なので気にせず。

持ち手の間を一模様増し、持ち手でその分と、適当に数目増し。

ポンポンの編みつけは内側を見ての編み方向。
縁と持ち手は絶対に表側から。
編み地のクセがあるので裏表になるとなんだか可愛くないことになります。

本に掲載されてる写真で、サイドを外に折ってあるので
私も同様にして写真を撮ったり、そのまま使用しています。

折った方がシルエットも良いし♪
本当なら、編み方でそのシルエットを出すべきなのでしょうけれども
私はこれで満足ですぅ。

これはセールのアルパカウールの合太毛糸を使ったのと、カギ針を替えたのとで、白の時よりずっとラクに編めました。


これで手持ちのポンポングランデは終了しました!
ブロパーでは高価な糸でしたが全部セール品だったので漱石さん一枚とちょいでできました。
毛糸のメーカーさんもツライだろうなぁ、と思いつつ、また面白い糸で良い作品お願いします!

スポンサーサイト

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。