スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニチュア着物 12 市松人形編の4

  • 2011/10/30(日) 10:49:58

iphone_20111030101957.jpg

この着物の裾を切り取ったようなのは、比翼です。
本来は二着を重ねて着るべきところを
見える部分だけ、重ねておきましょう、
という節約的、薄着な部分着物。
衿と裾、袖の部品があります。


iphone_20111030101924.jpg

表地の着物と同じように作ります。
ちょっと下手にできています。。。

iphone_20111030101837.jpg

同じように見えて、表地よりも狭い幅に仕上げてあります。



iphone_20111030101801.jpg

というのも、こうして重ねて着たときに
比翼が内側にピタッと収まるようにするためです。
表地と同じ寸法のままだと、はみ出し、波打ち、
よくありません。

あくまでも下着(肌着とは違います。)なのでチラ見せ用。
静止状態では隠れていなければならないのが比翼です。
この画像では分かりやすく、比翼をずらしてあります。


ここで一番上の画像をもう一度見ていただくと
僅かに底辺の幅が狭い、台形になっていることに
気付いていただけるかと思います。

上端は表地とドッキングするので、表地と寸法は同じに
仕上げてあります。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。