スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンタックチュニック

  • 2014/06/13(金) 17:46:23

暑いです!もう30度超えだなんて。

先日、実家へ行ってきたのですが、ついでに引佐の
『大本山方広寺・半僧坊総本殿』へ足を延ばしました。

後醍醐天皇の皇子無文元選禅師により開創された禅寺、だそうで、開山様と呼ばれています。(ここを理解しないと話が解りづらかったです)

中国へと修行に渡り、帰国後に開いたという立派なお寺でした。
ちょうど、その開山様の像の特別展示もあり、国の重要文化財に指定されたて!という釈迦三尊を見ることができました。
皇室とも縁があるということで、十六菊花紋をあしらってあったりするのも興味深かったのですが、風がよく通り、過ごしやすかったことが一番よかったです。







お仕事がいろいろ詰まっているのですが
着る物がないので、久々に作りました。
洋裁は二年ぶりですかね~、ニットソーイングなので簡単。




ピンタック6本いれましてー
レースを叩いて、畳んで、畳んで
横に3本縫いますと~





こんなんなります。
見本ではレースは無しでしたが
先日見かけたパッチワークの「カテドラル・ウィンドウ」
あんな感じになる~?なんて思いまして。

真っ黒より、目線のポイントが高くなってよかったです。
なにしろ150cm 未満のチビですから。





襟ぐりは見返し仕立て、指定のフライスでなく天竺を使ったので
洗濯後に布端がクルクルしちゃうかも。
クルクルしちゃったら、縫い留めまーす。


生地代は525円だったと思います。
あと一枚以上は縫いたいな。

スポンサーサイト

ボレロ風カーディガン

  • 2010/01/10(日) 02:11:07

ボレロカーデ


この前作った『Couleure』さんの「ボレロ風カーディガン」です。
袖はフレアーtypeで。
生地はブーケさんの
「ガーセ裏毛」

1mで。
ふんわりしていて、肌にはサラッとした感じ。
水通ししないで作ったので、最初は「マズイ襟ぐりが伸びてしまった」と焦ったのですが、一度洗ったら目が詰まって大丈夫でした。ははは。




前回のプラ製ハンガーがショボかったので、ハンガーも用意しましたよ。
アイロンもちゃんとかかってなくて、やっぱりショボイ画像ですけど。




2007/10/05 (ログ移動分)

らくだ色!?カットソー

  • 2010/01/10(日) 02:10:44

生地 『たけみや』 てんこもり-綿スムース・ニット企画 針抜き天竺
パターン 『'06秋冬簡単ソーイング』 アレンジ


切り替えギャザー






近くで見ると針抜きだし、ソバカスだし、いい感じの天竺なのですが。

遠目だと、なーーんか、「らくだ色」。



縫いやすかったし、肌触りも良い生地で嬉しかったのですが。

シンプルなTシャツにしてしまったり、ヘンリーだと「らくだのシャツ」に見えてしまいそうなのがコワかったので、切り替えとタックを入れて、ボタン開きまで作ってみました。
念のためにトーションも叩いておきました。

袖もパフってみたんですが今回はゴム入り、フルレングスです。


これで大丈夫!? 


切り替えは適当にやってみたので、微妙な位置でした。
襟ぐりのガタつきは、地の目をきちっとしなかったせいです。
予想以上に目立ちます。


2007/10/17



(ログ移動分)

水玉!

  • 2010/01/10(日) 02:10:18

昨シーズンから気になっていたドットプリントのカットソー。
去年買ったガーゼ裏毛の似たようなプリント生地は山に埋もれたままにして、昨日ブーケさんから届いた生地を使ってみた。

アウトレットで\210/50cm。さらっとした薄手の天竺。

プリントの無い裏は柔らかく肌触りも良い。
ドットのプリント部分がやや固いので、生地全体としては、さらっとした張りを感じる。
端もクルクルしなくて縫いやすかったし、なぜにアウトレットだったのだろう?

ラウンドネック ギャザー


パターンは昨年発売の「かんたん秋冬ソーイング・ミセス版」から。
似たようなドットプリントの布帛のブラウスパターンをアレンジ。

裾を2つ折りで無難に仕上げるか、輪に仕上げるか悩んだけど、自分の体型と相談して輪を縫い合わせてみた。かなりアバウトに作ってしまったけど、まいいか。
袖を七分丈にしたのは正解だったと思うしね。


さっきから「ドット」と呼んでるけど、「水玉」て言う方がしっくりくるなあ。
実は水玉の洋服は、今までほとんど着たことがない。
母のシフォンのワンピースが小さい水玉のプリントで、それがとても好きだった、という記憶はある。母は何年も着もしないそれを大事にタンスにしまってあった。母も気に入ってたんだろう。

水玉のワンピース、というともう一人思い出すのが故・元プリンセス・ダイアナ。
日の丸がひしめいているようなワンピース、かなり吃驚だったなぁ。
彼女が亡くなって10年。
私が水玉の服を作ったのは、全然関係ないことだけど。


2007/09/07 



(ログ移動分)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。